TOP > 過払い金請求を弁護士に依頼したときの費用の相場

過払い金請求を弁護士に依頼したときの費用の相場

貸金業者との取引の中で、過払い金が発生していることがわかったときには、弁護士に依頼をして手続きを行ってもらいたいという人が多いと思います。

弁護士に依頼をするときに把握しておくべきことは、費用がかかるという点です。

弁護士に手続きの依頼をすることで、時間や手間を省くことができますし、全ての手続きを任せられるので精神的な不安を軽減できるなどのメリットがあります。

効率がいい弁護士の無料相談の特徴をご紹介するサイトです。

一方で、専門家である弁護士に依頼するわけですので、費用を支払うことを知っておくことが大切です。



弁護士に支払うべき費用としては、相談料と着手金、基本報酬、成功報酬、減額報酬などがあります。

相談料については法律事務所によって、無料で相談を受け付けているところも増えていますので、相談料が発生しない法律事務所を選択できます。
着手金は交渉を行う相手方の貸金業者1社ごとに発生する費用で、最初に支払う必要のあるお金です。

着手金の相場としては、1社あたりにつき4万円前後と言われています。


基本報酬についても相場は1社あたり4万円ほどと言われており、手続きが成立するかどうかにかかわらず支払う必要があります。



成功報酬は過払い金返還請求の交渉を行って、過払い金を回収したときに発生する費用です。
裁判をすることなく過払い金を回収できたときには、取り戻した金額の20%ほどを成功報酬として支払います。
交渉をしている段階で借金が残っているときに、取り戻した過払い金を現時点の借金に充当することが考えられます。

過払い金を充当することで減額した借金額の10%程度が、減額報酬として支払うべき金額の相場となります。